イメージ画像

看護師転職-看護師が転職を考えるとき

看護師の仕事は他の仕事に比べて肉体的にも精神的にもハードであることが多いです。

もちろん職場環境にもよりますが、救急病棟だったら時間との戦いがあったり、勤務科目によっては人の生死に立ち会ったりと精神的プレッシャーも多いでしょう。

肉体的には夜勤があったり、昨今の人員不足のためお休みが取りづらかったり、手術の際は立ちっぱなしが数時間続いたりと、やはりデスクワークに比べたら 格段にハードだといえます。

でも、専門職だけあって希望すれば他の職種よりも看護師は転職はしやすい業界だといわれています。看護師が具体的に転職を考えるのはどんなときなのか見ていきたいと思います。

1.人間関係

これはどの業界にもいえることですが、人間関係が良くない環境で働くことは本当に辛いものです。 忙しくても同僚や上司に恵まれていれば乗り越えられるケースも多いと思います。 ただでさえストレスフルな仕事なのに、派閥があったりいじめがあったり、連携がうまくいかなかったりするとそのストレスも倍増されてしまいます。

2.給与への不満

やはり給与は転職を考える最も大きな理由になるでしょう。 同じ職場で同じ仕事をしていても勤務形態や勤続年数のため給与に差がつくことも多いです。

そんな時は不平等感を感じてしまうでしょう。 また、職場によっても給与は変わってくるため、キャリアアップを目指してというケースもあります。

3.勤務形態への不満

残業や夜勤が多い、休日が取れないまた連続して取りにくいなどは看護師に多い悩みのひとつです。 若いころは良くても、長年そんな生活が続くと疲れが取れにくかったして将来に不安を感じてしまうでしょう。 またプライベートを楽しもうにも友人や恋人と予定を合わせづらかったり、結婚・出産と両立できるのかも悩ましいところです。

4.雇用形態を変えたい

女性の場合、ライフスタイルの変化のために雇用形態を変えたいと思う場合があります。 たとえば子供が小さい間は夜勤のない非常勤で働き、子供が大きくなったので常勤になりたいというケースです。 また、当初派遣で働いていてその後正職員を希望する場合などもあります。

もちろん、上記のいずれかだけに当てはまるということはなく、様々な事情や理由が絡み合っていることと思います。 辛い職場でストレスを抱えながら仕事を続けるよりは、転職を前向きにとらえて活動してみるのもいいでしょう。
京都市立病院

看護師転職の際に重視する条件

看護師が転職の際に重視する条件ももちろん人それぞれ違います。 やはり前勤務先を辞めようと思った理由が改善されているかが最も重要です。 その他にはどんなことに注意していけばいいのかを見ていきましょう。

1.給与

やはり、働くことの最大の理由かつ目的は給与です。 やりがいももちろん大切ですが、同じ仕事内容なら給与がいい職場のほうがいいですね。 給与の他に各種手当やボーナスの有無、昇給のシステムもチェックしておきましょう。

2.人間関係

給与は大切と書きましたが、やはり劣悪な人間関係の職場では仕事を進めづらいですし、ストレスもたまってしまいます。 知り合いなどがいれば一番ですが、口コミや病院のホームページなどでも雰囲気が分かることもあります。 応募前に病院を見学したり、パンフレットなどをチェックするのもいいでしょう。

3.運営母体

病院を経営する母体には大学、企業、個人、自治体、医療法人、公的機関、赤十字社などいろいろあります。 運営母体の違いで雰囲気のみならず給与体系や運営方針が違ったりと環境は様々です。

例えば大学病院は教育機関という色合いが強かったり、医療法人では理事長の理念が強く反映されたりと それぞれの特徴やカラーがあるので確認しておきましょう。

4.勤務条件

年間休日数や有給休暇など休暇に関する項目も非常に大切です。 ただ、実際にどれだけ有効に運用されているかと有給休暇の取得率の割合も確認しておく必要があります。 名目だけあって中身が伴わなければ意味がありません。

5.勤務地

通勤時間が長かったり、通勤経路が大変だっりすると負担になります。 自宅から通いやすく駅から近い場所などが人気があります。

子供がいるワーキングマザーには特に重要な条件です。 保育園が自宅近くなのか職場近くなのか、始業時間・終業時間によって考えなくてはいけません。

なかなか全ての項目でパーフェクトな職場を探すことは難しいかもしれませんが、 自分の中でこれだけは譲れないという優先順位を決めて、満足いく転職先を探せるといいですね。

7対1看護と10対1看護

看護師として働いている方であれば、7対1看護と10対1看護という言葉について聞いたことがあるでしょう。 まず、7対1看護についてですが、これは7人の患者さんに対して看護師1人という体系のこと。

2006年4月より、診療報酬の改定に伴って始まったもので、それまでは10対1看護が基本でした。 つまり、看護師1人で10人の患者さんを見なければいけなかったということです。 これは看護師にとって非常に負担が大きいため、改正により7対1看護を始め、これを実現できた美容院に対しては入院基本料の上乗せが認められることになりました。

看護師からすれば10対1看護の病院よりも7対1看護の病院の方がゆとりを持って働けるように思えますよね。 ですが、実際には必ずしもそうとは言えない状態になっているのです。

その理由ともいえるのが、病院側が7対1看護を実現するためにはたくさんの看護師を集めなければならないということ。 ベテランの看護師をたくさん集められれば良いのですが、それが難しいため、多くの病院では新卒の看護師を好条件で迎え入れ、7対1看護を実現しました。

つまり、7対1看護を実現している病院の中には、ベテラン看護師よりも新人看護師の方が極端に多いところもあるわけです。 そのような病院に転職したとしても100%ゆとりを持って働けるとは言えませんよね。

10対1看護の病院であったとしても、働いている看護師が皆ベテランばかりであるという場合には新人看護師ばかりの7対1看護をしている病院よりも仕事は楽になるかもしれません。 仕事が楽そうだから、負担が少なそうだからという理由で7対1看護の病院にこだわっている方はこういったポイントも知っておきましょう。

ただ、給料的な面では7対1看護を実現できている病院の方が整っている可能性があります。 というのも、7対1看護の病院は診療報酬が最高ランクに位置付けされ、経営的に有利だからです。 給料が良いだけでなく設備が整っていて働きやすいところも多いので、様々なポイントを比較しながら職場探しをしましょう。

看護師、人間関係を円滑にするためにできること

一日のうち長い時間を過ごす職場、どうせなら楽しい気持ちで働きたいものですね。 看護師は女性社会ですので人間関係のいざこざも多く見られます。

苦手な人がいる場合でも、少しでも人間関係を円滑にできるよう工夫できることはないか見ていきましょう。

1.プライベートで付き合ってみる

苦手な人と飲み会や食事を共にするなど最初は気が重いかもしれません。 ですが、仕事からはなれたり、アルコールが入って少しリラックスした状態での会食では普段はできない会話になったりして意外な共通点などを見つけられるかもしれません。

飲み会を開催したり、ランチを一緒にとったり、会社帰りにお茶したりといった機会を設けてみましょう。

2.ほうれんそうを心がける

もし苦手な人が上司や先輩だった場合には、なるべく会話をせずにすませたいと思ってしまうものです。ですが、そうすることで時に小さかったトラブルが大問題に発展してしまうこともあります。

仕事に厳しい人は頼られると親身になってくれるかもしれません。 ほう=報告、れん=連絡、そう=相談を心がけて、まめに接点を持つように努力しましょう。

3.笑顔は大事

すでに職場の雰囲気が悪い時などにも笑顔は非常に大切です。 患者さんをお客様ととらえた場合、雰囲気の悪さというのはなんとなく伝わってしまいます。

けれど看護師さんがいきいきと笑顔で仕事をしている姿を見ると安心感を与えます。 作り笑顔でもいいので笑顔をキープしていると脳が楽しいと錯覚してくれるという研究結果もあるほどです。

4.会話する機会を増やす

1と同様ですが、まず苦手な人とも挨拶から入って、会話する機会を増やすことも大切です。 挨拶のあと、少し天候の会話をしてみる、元気がなさそうだったりヘアスタイルなど変化に気が付けばそのことに触れてみるなど、ちょっと意識を変えてみるだけでも案外話のタネは転がっているものです。

5.オンとオフを区別してストレス解消を

上記のような方法をがんばって試してみてもどうしても合わない相手というものはいるものです。自分に負荷がかかりすぎてしまい疲れ切ってしまっては元も子もありません。

努力してもダメな場合は無理しすぎずに、仕事は生活の糧を稼ぐ手段だと割り切り、 プライベートを充実させるようにしましょう。

以上、相手があることなので自分だけが頑張ってもどうしようもない場合もあります。 でも、人間関係は鏡のようなもので、こちらが苦手だと思っていると相手もそう思っている可能性は高いです。 お互いに少しでも気持ちよく仕事のできる職場を作っていけるといいですね。

看護師転職の方法の違いとは  ・看護師転職に最適な時期

このページの先頭へ